読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショートアニメーション千夜千本

短編アニメーション作品を紹介してゆきます。まだ見ぬ作品に触れる機会にして頂ければ幸いです。

『SPACE SHOWER TV 「アニソン日本」』らっパル【37夜目】

いわゆる「WEB系」アニメーターと呼ばれる人々がいる。テレビアニメなどの商業アニメーションを手がける原画マンは、通常、まずスタジオに採用され、現場に動画マンとして放り込まれる。そこで何年も下積みをし、キャリアアップしていく……。そんな数十年の伝統を打ち破ったのが、「WEB系」アニメーターの登場だ。自分のサイトや投稿サイト、2ちゃんねる等のスレッドに自分のGIFアニメーションを投稿し、時には「作品」とよべる長さのアニメーションも発表。そこからテレビの現場に直接スカウトされ、基本的にはいきなり原画デビュー……! より厳密にいうと、いろいろ違いがあるみたいだけれど、そんな新しい流れが現れたのは、僕のちん毛がちょうど生え揃い始めたころ……2000年代初頭になってからだ。

特徴的(らしい)のが、他の「普通の」テレビアニメ的原画と違い、とにかく派手に動かすことが好きなアニメーターが多いこと。仕事ではなく、自分の好きなように……かっこいいように動きを作ってゆく経験から入っているから、結果的にかなり派手なアクションやエフェクトを描くことが、好きなひとが多くなる傾向にあるみたい。もちろん、一概には言えないようなのですが。

そうした「すごい人たち」の「GIF」アニメに影響を受け、趣味の延長からやがてテレビアニメでもキャリアを積んでゆくようになる……。昭和ラスト世代の自分にとっては、それはネット上でリアルタイムに見てきた、正にドンピシャの景色だった。「WEB系アニメーターに影響を受けたWEB系アニメーター」は自分の同い年にもたくさんいる。彼らはスタジオに入っていたり、あるいは在宅で仕事をこなしている。TwitterのDMで連絡を取り合うということも、しばしばらしい。

そして、そんな「GIF」アニメの世界に、恐ろしいほどに幼い頃から触れてきた作家……(長くなってしまった!)らっパルも、その中の一人だ。僕よりもさらに下の世代にあたるらっパルは、中学生の頃からYouTubeに作品を投稿し、アフターエフェクトを使いこなし、当たり前のようにデジタルツールに触れた「新時代」の人。らっパルは商業作品の原画もこなすが、このように、広告案件などで丸ごとディレクションする作品が目立つ。そのどれもが完成度も高く、映像の快感がバーンと貫かれているものだ。ド派手なエフェクト、動かしまくりのアニメーション! かつて幼い頃、すごーい、とCRTモニタを見上げたあの「感じ」のアニメーションは今、サブカルチャーのど真ん中で、花開いている。

『FRENZ 2015 二日目深夜の部オープニング -TAKE OFF-』機能美p【36夜目】

機能美pは現在、年に一度行われる上映会、FRENZを中心に新作を発表している。新宿ロフト・プラスワンを二日間に渡り借り切って行われるこのイベントは、間違いなく「日本一熱狂的な映像上映イベント」だ。観客のテンションの高さ、一方での礼儀の良さ、上映の度に巻き起こる万雷の拍手、そして作家たちへのリスペクト、ホスピタリティ。……どれをとっても最高だ。FRENZでは毎回、人気作家を指名して各部の「オープニング映像」を制作している。毎度毎度イベントを熱狂に包んで来た機能美pは、FRENZ2015でオープニング映像監督に初指名。その作風を存分に生かし、なんと15分間もの(!)オープニング映像を作って来た。それが、これだ。

会場全体を「飛行機」に見立てた、というテンション爆上げなアイデアもさることながら、まるで会場を支配するような手拍子・掛け声の煽り、ひとつひとつの気持ちの上げ方、どれをとっても血がたぎるような興奮がある。音楽も実に素晴らしい。これを今見るだけでもけっこう鼻血が出そうになるのに、本番の会場では本当に、とてつもない熱狂(FRENZY)に包まれた作品だった。後半では一転して『Clade over 〔クレード オーバー〕』を彷彿とさせるグラフィック中心のアニメートで魅せ、さらに『月は無慈悲な寄席の女王』のような言葉の力で、幾多のNOやボツを乗り越え、闇の向こうから送り出されて来た作品たちを敬意を込めて紹介してゆく。カッと胸が熱くなるような演出だった。FRENZというイベントに初年度から参加していた機能美pの、そのすべての経験が生かされたかのような作品だった。

たった一度の上映に焦点が当てられたものなので、若干の内輪ネタや、少々古くなった時事ネタも含まれている。そこに目を瞑ってもらえれば、ワオ、と思っていただける作品なのではないか。とはいえいくつかの時事ネタは、今も古びていないけれど……。今見ても笑っちゃったよ。「乗っ取られてますよ!」。

『Clade over 〔クレード オーバー〕』機能美p【35夜目】

f:id:friendstudio:20170520210922j:plain

「キネティック・タイポグラフィ」と銘打たれた、文字を画面に大胆にあしらう作風で観客を熱狂させる機能美p。昨日紹介した傑作『月は無慈悲な寄席の女王』の翌年、機能美pは早速、新たな挑戦を企てる。

『Clade over 〔クレード オーバー〕』で描かれたのは、一転して叙情的な物語だった。荒野、扇風機、風車、風見鶏。空の向こう、そして風……。機能美pの持ち味であるコミカルさは十分に生かしながらも、セリフを排した内容で*1、オフライン上映イベント・FRENZに集った観客を釘付けにした。

色数が絞られた、非常に大胆かつ記号的なフォルムのグラフィック。前作で主役だった「キネティック・タイポグラフィ」の使用を絞ることで、この作風の本当の正体がよく解った。それはつまり、ごくごく古くから伝わる……影絵アニメーション、もしくはコメディアンが演じた白黒映画……。そのような、とてもプリミティブな、いにしえの映画的感動がそこには再現されていたのだ。実はすごく、すごく王道で、なおかつ映画的なことをやろうとしているんですよね、機能美pって。大胆な画面分割、明暗がくっきり分かれる演出……それもまた、とてもビッグスクリーン向きの演出だった。『Clade over 〔クレード オーバー〕』は、昔からずっと残っていたような、名画のそれのような趣きが感じられたのだ。

とはいえ、この作品。FRENZ2013というイベントでたった一度上映されて以降、ネットにもアップされることなく、現在まで事実上の封印状態となってしまっている。このサムネも、2015年初頭に発表された「謹賀新年画像」から拝借したものだ。またこれが見られるようになれば……いいな。

*1:確か……笑

『月は無慈悲な寄席の女王』機能美p【34夜目】

さぁ、とんでもない一本を紹介しよう。

この作品を最初に教えてくれたのは、ひらの君だ。「これ見たことある?絶対好きだと思う」と、LINEか何かで送ってくれた記憶がある。後で調べたら、その年初めて僕がFRENZ2012という上映イベントに出展したとき*1、別のプログラムですれ違っていた作品だと解った。

始まりから、見たこともないような映像。巧みに引き込まれる冒頭。<キネティック・タイポグラフィ>と銘打たれた、ぶっとい明朝体の文字がセリフ代わりに画面を埋め尽くし、創作落語家の「とある噺」が展開してゆく。文字を読ませるテンポは巧みで心地よい。映像だけでなく、楽曲もまた機能美pによる手作りだ。全編を彩るスピーディーなテクノサウンドも世界観構築に一役かっている。寄席の拍手からハンドクラップに移行する所なんてたまらない。

見事なのが、「噺」としていちいち上手でめちゃくちゃ面白いというだけでなく、非常に映画的な感動もある作品だということだ。画面を分割する派手なアニメート、記号的であることを存分に生かしたアイデアの数々、実は非常にハリウッド的な脚本構造になっているストーリー、ちょうど作品の半分でリフトオフするロケット……。回想に入るところも、そこから抜けるところも非常に自然で、センスを感じさせる。隅々にまでクスリとなるようなネタが仕込まれていることも素晴らしい。新鮮な驚きと興奮に満ちた、圧倒的といえる名作だと思う。

機能美pは、このような、他のどの作品にも似ていない、オリジナリティに富んだフォーマットを駆使し作品をリリースしている。スタイル上、15分から20分を越える長い作品が多いのも特徴だ。なのでだ。特集上映とかが出来るのだ! 北海道出身ということなので、ぜひ北海道で機能美p(さん)の特集上映とかして欲しい……。このあと紹介する作品もそうなのだが、非常にスクリーン映えする、お客さん映えする作品のオンパレードなので……。

とはいえ、機能美pをまず1本楽しむとしたら、間違いなくこれです。

……け!

*1:そのとき出展したのが『荒波 -LOVE LETTER-』

『動物園(いきたいところ)』(作者不詳)【33夜目】

あ!あった。14夜で取り上げた作者不詳の『banging the drum』の作家さん、YouTubeチャンネルをみつけたぞ。おそらく作り手が同一人物と思われる作品が、もう一本だけ出てきた。タイトルは動画情報によれば『動物園』とあるが、作中では『いきたいところ』と表示されている。

動物がモチーフ、という点では『banging the drum』と同じだが、こちらは一転してモノトーンで絵が表現されている。意図的にしているのでなければ、マスターデータはたぶんDVテープだ……少し昔の作品独特の色味のにじみがある。動物園で迷子になる女の子のお話。音や、影や、記憶や、気配をとらえたような内容で、空白部分に不思議とやわらかな「色味」を感じさせる作品だ。突然、死のモチーフが出てきて、びっくりしてしまうけれど……。

また出会えて良かった……。やはり作者は、美術大学ないしその辺のカルチャーを少なからず吸収した方なのだろう。東京の美大出身かもしれない。エンドクレジット、本当はこの後に続いているはずだが、どうやらアップロードする際に切り落としているっぽいかな。

『サラリーマンNEO Season3 オープニング』青木純【32夜目】

f:id:friendstudio:20170513205402p:plain

青木純は、卒業制作となった『スペースネコシアター』以降、商業制作、公開制作やワークショップなどで新たな作品を重ねてゆくことになる。その中から、僕が特に好きな作品を一つ挙げる。

インターネットではもう見れないのだが……NHKのテレビ番組『サラリーマン NEO』のオープニング映像として作られた作品。今こそありふれるようになったが、いわゆる「レトロゲーム」を次から次へとパロディにした内容で、そのテンポも、一つ一つのネタも、ばかばかしいったらない。何しろそれらの主人公が全部、サラリーマンになっているのだ! 単なるパロディを超えた、平凡な人々の、まるでゲームの中みたいなバトルだらけの毎日への示唆、まなざし。『走れ!』から脈々と続く、青木純イズムにあふれた内容だと思う。

ありふれた人生を走り抜けたり、アパートの隣人に怯えつつも生活を重ねたり、奈良の鹿をいじめて逆襲にあったり、絶対にコタツから出たくなかったり、日曜日に特に興味もないのにダラダラとテレビを見ていたり。そんな「主人公じみていない」、決してヒーローでもヒロインでもない人々の、実に何気ない風景を極上のエンターテインメントへと昇華させてしまう。この作家の手腕やメッセージは、今も色褪せるものがない。

それにしても、これもう一回見れないものだろうか……。

『将棋アワー』青木純【31夜目】

あなたがもし「アニメーション」を作りたくなったならば、まずどんな内容のものを思い浮かべる? キャラクターが動きまくるバトルアクション? 瑞々しい高校生たちの引き裂かれるような青春劇? 重厚なストーリーが展開する近未来SF? それとも寝静まった夜に動き出したくるみ割り人形たち……?

ベタな例えを出しおって、と思われるだろう。けれど、アニメーションの常識からのみで、ここからの「ズラし」を思いつくことは結構難しい*1。いきなりやりたい企画があって、どうしようもなくアニメ制作にのめり込んでゆく人間ばかりでも、確かにないと思う。そういう場合……ありふれているけれど、そこからまず抜け出す発想法の一つに、こんなものがある。……「自分が“アニメ”以外に好きなものとは何だろうか?」。

それを組み合わせた、最高の結果のひとつがこれだ。非商業だから、ショートフィルムだから、アニメーションだから、この絵柄だから……成立していることは沢山ある。けれど一番のポイントは、やはり題材選びの巧みさなのだと思う。ここで「将棋」を選んじゃうのが、より正確には「将棋中継」を選んじゃうのが、この作家の強烈な個性だったのだ。いろんな作品があっていいのだ。当たり前のことだけれど、この作品の登場は、とても多くの作家たちの発想のレンジを広げたと思う。だから、ぜひ見ておくべき作品だ。もちろんこれ以前も、これ以後も、個性的な作品は沢山あるけれど……。

タイトルの『将棋アワー』が実にうまい。この作品のキモは、対戦相手がロボットであることでも、と金を必殺ビームで焼き切ってしまうことでも、角田信朗のそっくり人物を登場させていることでもない。誰もが知る、あの番組独特の「間」を忠実にパロディにしているところなのだ。あの「間」をアニメーションに置き換えた途端、こんなにも異様でたまらなく笑えるものになってしまう。だからタイトルが、『将棋“アワー”』なのだ。

*1:もちろん、やるけどね!

『コタツネコ』青木純【30夜目】

出ました! 青木純の代表作。どてらを着た猫が六畳の和室でコタツに座っている。という謎の絵力もさることながら、可愛らしいタイトルとのギャップが激しい冒頭のインパクトたるや、すさまじい。青木純のどの作品もそうなのだが、音の演出がこの作品でも実に見事だ。大音量のヘヴィメタ、デスボイス、からの大袈裟すぎるドカーン!バシーン!的なSE。「何!?何が起きたというの!?」と観客の頭は最初っから混乱しっぱなしだ。次に気持ちが追いつくころには、もうミカンも急須もありえないくらい宙に舞っていて、リモコンはコタツネコの手にすっぽりと収まっている。ボタンを押すときの小さすぎる動きもギャップを生んでいていい。スタッフクレジットの早すぎる出かたもたまらない。「そ、それだけかよ!」。

丁寧に作られたセットは所帯じみた空気感があって、日本人なら馴染み深い風景だろう。抑えられた色味もいい*1し、ガラス戸の奥に見える小道具も芸が細かい。そして何より、このキャッチーすぎるストーリーがたまらないのだ。この「あるある!」は老若男女問わず通用するし、決してアイデアだけに留まらせず、エンタメに富んだ演出に向けて知恵が絞られているのも素晴らしい。難しいことを考えずに、これでいいんだよ、と思える。青木純という作家性をたった1本で映し出したような秀作だ。

*1:特に、ふすまの濃い青のラインが好き。

『奈良鹿物語』青木純【29夜目】

青木純の作品を観ていて思うのが、制作期間的な制約から、ちゃんと中身を縛って、それをストーリーにも確信的に反映させていることだ。『走れ!』『テレビ』『Apartment!』は、実は制作期間もとても短いし、ワンカットもの、最小限カットものの作品になっている。技術面でも最小限のリソースしかない状態で、きっちりとスキの少ないものに仕上げているし、アイデアや演出で手数の少なさをカヴァーしている。青木純が「自主制作アニメ」の必須図書である理由はそこにもある。自分ひとりぐらいしか頼れない状態で、どんな作品に仕上げていくのか……そのコストパフォーマンスがとてもうまい作家なのだ。

そんな中で、これらのフィルモグラフィーに続けて制作された『奈良鹿物語』は、初めて青木純がしっかりと自分の絵で、カットを割った作品になっている……のだと思う。僕が見落としていなければ……。それぞれの作品で試み、そして鍛えたノウハウが少なからず生かされている作品だ。他のものと比べるとちょっと存在が地味かもだけれど……。

『Apartment!』青木純【28夜目】

「アパートもの」は、わりかし学生が思いつく中では「あるほう」の作品だと思う。自分が卒業した代も含めて、他にも数作品見たことがある。こういう作品が往々にして弱くなってしまうのは、「主人公が不在」になりがちだからだ。結局、主人公を決めきれないから、アパートを定点観測するようなオムニバス的な作品に手を出してしまう。青木純は、まずは主人公が引っ越してくるところから始めたこと、そして最後に小さなカタルシスを持ってきたことで、それを解決している(ちなみに、『コーポにちにち草のくらし』も「アパートもの」ですね)。

うまいのが、どれも匂わせ方を「やり過ぎていない」ことだ。女の子への伏線も最小限だし、昼と夜で違う表情を見せる住人にも、毎夜ケンカが絶えない住人にも、主人公はほどよい距離感を作っている。その様がこの物語に、何か一つ希望のようなものを紡ぎ出しているのだ。互いに不干渉な「冷たい」社会……なんてことを言わずに、なんだかんだで互いを少しづつ許し合いながら、毎日が続いてゆくことを描いている作品だと思う。背景二枚、歩く作画も少しづつ、という比較的低コストな中で、しっかり丁寧にする部分は作り込まれているところもいい。

あのおじさん、いつ寝てるんだろう……。