ショートアニメーション千夜千本

短編アニメーション作品を紹介してゆきます。まだ見ぬ作品に触れる機会にして頂ければ幸いです。

『文學少女』大橋史【71夜目】

 


大橋のごく最近の作品も挙げておこう。リリックビデオの隆盛もあり、ここ数年は「文字」アニメートの仕事が目立つ大橋の、その代表作とも言える一本だ。

声とエレキ・ギターだけの静かなイントロに、ふわりと言葉が浮かび上がる冒頭。そして物語は急加速し、ある少女の心象風景が駆けだしてゆく。ぐりぐりとドリルを回すように、心の中にねじ込まれてくる文字たち。よく立ったヴォーカルの「言葉」を焼き込むかのごとく、タイポがスクリーンの上を叩きまくり、少女の景色がそれを抒情的に定着させてゆく。まるでスミをローラーで塗り付けて転がすがごとく、言葉とグラフィックを心に残そうとするパワフルさが、小手先のテクニックを越えて(もちろん、それが作品を支えているんだけれど!)うたのテーマを激しく、そして情熱的に、見る者の心に届けようとしてくるのだ。

実は本作は、世界で100人くらいしか興奮できない超ニッチな豪華メンバー(笑)を作画に招聘している。少女の1番の作画は中内友紀恵、2番はkoya(アーティスト集団「賢者」)、ラストは何と植草航だ。作監が立っていないので絵柄自体はバラバラになっているんだけれど、特にkoyaのパートがいい。<言葉を剣に 沈黙を盾に 君は 君だけの主人公になる>という歌詞が、大迫力で目の前に立ち上がる。

ここまで本ブログで、大橋の昔の作品からずっと観て来て下さっている読者ならば、彼のこれまでの得意技が各所に配置されていることにも気づくだろう。素晴らしく遠くまで歩いてきた彼の、その一本の線が、ちゃんと最新の作品にまで反映されている姿は素晴らしい。ちょっと感動的かもしれない……。音楽とアニメーションのラグランジュポイントを探し続ける大橋の、タイポグラフィにおける最上位魔法だ。

あとこれは単純に……曲が超大好きだ! そのアドバンテージも確かに否定できない……。そうさ、人生はストーリー。そして自意識過剰な私小説

大橋はMVやコンサート映像、VJなどで現在もその手腕を発揮し続けている。2015年にはゆずのバック映像を手掛け、NHK紅白歌合戦の映像にも参加した。様々なアーティストとのコラボレーション・ワークにも積極的だ。昨年には久々の「オリジナル」といえる映像作品、『nakaniwa』をドロップしている。

『kotonoha breakdown』大橋史【70夜目】

アニメーション作家・大橋史ウィークをお届けしております。今日は、彼のクライアント・ワークから一本抜粋する。これ、久々に観返したら、もしかすると当時以上に殴られたような感覚になった。すっごいわこの作品……。

大橋がこの頃トライし始めた、「キャラクター」を取り入れたアニメーションを作品の中心に据えつつも、彼の得意技である「文字をばらばらのパーツに分割して違う風景を描く」試みがものすごく効いていて、とても心地よい映像になっている。カラフルだし、可愛らしい。とてもハイセンスだ。セロファンのように重なる色はどのカットも美しく、キャッチーな場面の選択も相まって、とても見やすく、初見の方にもよく届く配慮がなされている。またそこをしっかり押さえつつも、見せ場になるようなシーンはばっちり何か所も用意できる手腕は、さすがといった所だろう。サムネにもなっている夜の街のカットは特に素晴らしい。ああ、きれいだ……。

けれど、今回胸打たれたのは、そこだけじゃない。

アニメーションで作られた歌付きのMVって、90%以上のものが、音楽そのものが描いているテーマに「あと一歩」踏み込まない所があると思う。多くの優れた作品の場合、その曲のメッセージをしっかりと咀嚼しつつも、すこしズラして違う物語を描いたり、またより抽象度が高いモチーフを選択したりする場合がほとんどだ。それは、音楽そのものに対するリスペクトの表し方でもあると思うし、あくまで音楽が「主役」であるべき、として制作される、MVのひとつの遠慮のようでもあるのかもしれない。

そんな中で、この作品は、ものすごく『kotonoha breakdown』という楽曲のテーマに直接的に「踏み込んで」いる。その決意も並々ならぬものがあるし、ともすれば押しつけになってしまう試みだけれど……本作はむしろ、だからこそまっすぐ、なおかつ強烈に! この曲のメッセージが胸に飛び込み、火花を散らしながらスパークするのだ。誰もが「伝わる」ことを願っていながら、何一つ心から信じることなんてできない。いつの間にかブレイクダウンした言葉のカケラたちが、日常のカラーレイヤーを何層も切断し、やがてそれすらも破壊して、ばらばらに引き裂いてゆく。迷子になって、抜け出せなくて、それでも電磁波の嵐の向こうに、手を伸ばす――。震災後の「いま」のコミュニケーションを明確に、なおかつ的確に突いた、ものすごく……切ない作品になっていると思うのだ。

作品制作に対する情熱は隠さないけれど、作品自体の温度はきちんと「適温」に保とうとしていた大橋パイセンが、何かしら自身の中にあったその制約をやぶり、超「エモい」内容にしているということ……。そこにも何だかグッと来てしまった。ひとりの作家を追いかけているときの、その特権だともいえる独特のカタルシスだと思う。やっぱり大橋パイセンってエモいんだよ。胸を貫くような切なさが、残像になって心に残る傑作。……こういう問題意識を、ちゃんと持っている人がどれだけいるのかはわからないけれど、それでも。

『こうこう | koukou』大橋史【69夜目】

大橋史(パイセン)のオリジナルでは、いちばん好きな作品。『Your Thorn』で“サウンド”に、『CHANNELER』で“言葉”に挑んだドクター大橋研究室が次に目標としたのは、人間が口から発する“音節”、そして“声”の可視化だった。

大橋の作品は当時の「流行」みたいなものを巧みに掴むところがあって、製作当時は、ちょうどノーマン・マクラレンの生誕100年にあたり(厳密には一年前だったかな)、彼の再ブレイクといえる雰囲気が高まっていた*1。その感じも少なからず意識しつつ、大橋のこれまでの研究成果が存分に生かされた内容になっている。一瞬無意味に感じられる「ぱら ぴりぷる ぺら ぽろろん」が、光の軌道を描き、かたちを生み出し、やわらかく泳いで消えてゆく。白の残像にやや青い光が残る、独特のグラフィック処理も素晴らしい。非常に丁寧に作られていながら、音楽そのものの躍動感や興奮を決して失わずに、情熱的にすら感じられるアニメートが繰り広げられる。何て素晴らしい! 若干抽象的すぎるかな? と鑑賞者が思い始めたあたりから、少し具体的なデザインを出したりして、観る人を楽しませ続けようとする工夫も決して忘れていない。このバランス感覚が大好きだ……。

もういちいち書いてないけれど、ちゃんとフルスクリーンで見ようね!

も・ぞ・も・ぞ・こ、うっぞーんぞ!

*1:この作品と同時期に制作された『Poker』(水江未来×中内友紀恵)も、マクラレン・オマージュが加えられている

『CHANNELER』大橋史【68夜目】

大橋がスゴいのが、これほどクライアント・ワークを手広く手掛けつつも、自身の「オリジナル・ワークです」と言える内容の作品も定期的に欠かさず送り出していることだ。そして毎度、その度に新しい挑戦を作品内に盛り込んでいる。そこがホントーに“ドクター”足り得るところだろう。例えば『Your Thorn』で、自身のアニメーションに一種の到達点を見せたと思ったら、それから僅か1年で、これほど違うアプローチの作品を発表したりするように。

前作が「有機的」「音楽がもつ“波動”のようなもの」の視覚化に全力を注がれたのだとしたら、本作は「記号的」で、「音楽ではなく“リリック”」の視覚化にチャレンジされている。ちょうど□□□が『CD』というアルバムをリリースして、「タイポグラフィ」の面白さに注目が集まっていたときだった。タイトルの『CHANNELER』は、チャネリングと「2ちゃんねらー」をひっかけたもの。動画サイトでも十分楽しめるけれど、前作『Your Thorn』で身に着けていた「ビッグスクリーンで解き放たれる」感覚がしっかり本作にも持ち込まれていて、巨大スクリーンで鑑賞すると特に映える。というか、迫力が伝わる。アスキーアートで描かれるキャラクターたちは不気味なほどにあいまいな形状で、確かな形は何も定着しないまま、たった1本の記号がさながら生きもののようにスクリーンの上を這いまわる。あれ、あれ、掴まってもいい手すりはどこなの? 時間を支配し、スクリーンを蹂躙する、その一種の「煽り方」が、鑑賞者をたっぷりとゾクゾクさせてくれるのだ。

ただ、これ、リリックが、それほどは面白くないんですよね……。

『Your Thorn』大橋史【67夜目】

大橋史の出世作となった作品。前作『Notation of Rotating Earth』の幻想的なイメージ、ランドスケープ的アプローチを継承しつつ、過去作品から比較しても、極めて大きなジャンプアップを遂げている内容と言えるだろう。

美しい光の交錯、極めて有機的なシンボルの数々、息を呑むような風景、そして大スケールの世界観。色彩感覚も素晴らしい。やはり目を引くのは、動くシンボルの多さだろう。単なる手数自慢では決してなく、この数の多さこそが、描かれるものをとても有機的かつ神秘的に、スクリーンに映される「にせもの」の営みを感じさせるのだ。この中には、「生命」が出来上がってしまっている。凄いことだと思う。特に「一枚一枚描いて作った」という細胞分裂のシーンは圧倒的だ……何度も心奪われる美しさだ。音楽自体も素晴らしいし、このテーマにまったく負けていない映像が全編にわたって繰り広げられるのは圧巻の一言だろう。だいたい未だに、どうやって作ってんだこれ、って思うもの……。

正に渾身、と言える内容。大学を卒業してすぐだった大橋の、映像作家として独り立ちするぞ、という並々ならぬ決意が込もっていると思う。必見。

『Notation of Rotating Earth』大橋史【66夜目】

「音楽」の要素を一音一音徹底的に追及する作風を、まるで「研究」するかのように極めてゆく、大橋史の大学の卒業制作にあたる作品。

音楽的要素を記号的なグラフィックで魅せつつ、風景を実写に切り替え、過去作品よりもより静かな内容に仕上がっている。ルックへの意識がこれまで以上に高くなっていて、「残る」ものを作ろう、という気負いが感じられる。また一種のインスタレーション的な要素もあって、卒業制作展で*1実際にスクリーンを立て、展示されることを強く意識した内容になっていると言えるだろう。そういう意味では、大橋の作品の中ではやや異色作かもしれない。教授である原田大三郎(先生)の影響も感じさせられる。

見事なのが、その視覚的要素に、どこか幻想的な、そして神秘的な、やさしく心を震わせる感覚が加わってきているということ。この傾向は、次のクライアント・ワークに引き継がれた。明日紹介する作品で、大橋は大きな飛躍を遂げることになる。

*1:美術大学の卒業制作は、展示会場を借り切って専用のシアターを組み上げることが多い。多くの場合、出入りは自由だ(頭から最後まで見てもらえるとは限らない!)。

『FOR』大橋史【65夜目】

大橋史の学生時代の作品まで全部取り上げ始めると、ちょっときりがなくなる(できちゃうけど……)。最初期作『Let’s☆Cookin’ Jam』は完全に具象的なイラストチックのアニメだったが、大橋はすぐに『ascension from the HELL』という作品で、その方向性を切り替えにかかる。一方『112 Sabsections Of Skyline』では、楽譜をアニメーション内で再現し、彼のややアカデミックな一面を早くも指し示すことになる。

一年が経過する。それらの模索を経て大橋は、『FOR』という作品で、一旦それをまとめ上げにかかった。

弦楽器と打楽器の音楽的要素を爽やかなグラフィックで再現し、拾いながら、それを何度も何度もループさせて、ひとつの風景が描かれてゆく。旋律がリフレインする中で、作品はさらに景色を、より強く映し出す。

昼と夜が切り替わるとき、星々が軌道を描く瞬間のブレイクは今観ても素晴らしい。音楽がひとつひとつ積み重ね、奏で、盛り上げていく中で、鑑賞者はアニメーションでも、音楽でもない、何か「三つめ」の要素を次第に感じてゆくことになる。風景が出来上がる頃には、わたしたちの心の中にも、また別の景色が描き終えられているのだ。ビートと音楽の興奮がしっかりと込められている。やっぱり、とてもよく出来ている作品だと思う。

こういう、「作品制作の中で掲げたハードル」をストイックに研究しつつ乗り越えようとする感じが、大橋パイセンらしさなんですよね。ドクター! って呼びたくなる。医者じゃないよ、教授! って意味でね。

『Let’s☆Cookin’ Jam』大橋史【64夜目】

大橋史は、ぼくの大学の1年先輩にあたる。多摩美術大学情報デザイン学科情報芸術コース(現・メディア芸術コース)の卒業生で、僕とは学科も、コースも、後に入るゼミまで一緒だった*1。大橋パイセンの作品は各学年の審査会でもよく見ているし、進級展で一緒に展示を組んだりもした。だから、僕にとっては、特に思い入れの強い作家のひとりだ。

当時も、そしてもしかすると今も、情報デザイン学科は「第一志望」で入って来る学生がそれほど多くない場所だと思う。大橋(パイセン。以下敬称略)がどのような経緯でこの学科に入ったのかは判らないが、つまり何が言いたいかというと、具体的に「ずばりこれ!」と、やりたいことが決まっていてこの学科に進学してくる学生は、実はそう多くないということ。学科の中でいろいろな作品やら方向性やらを見せられる中で、だんだんと“専攻”が決まって来る者が多いのだ。そして、その“専攻”が早く決まれば決まるほど、他の学生の中でも抜きんでることが多い場所でもあった。僕が3DCGアニメーションと「脚本重視」の方向性が決まったのは三年生の前期で、そこからは徹底的にそれに絞った制作を続けた。結果的に僕は、10年近くたった今でも、それを続けられている。

大橋は、二年次作品から、既にずば抜けていた。

大橋のVimeoアカウントの一番後ろに今もひっそり掲載されている『Let’s☆Cookin’ Jam』は、大橋がAfter Effectを導入しておそらく最初期のころに制作した作品で、二年次審査会でこれを鑑賞したときの衝撃を、僕は今でもよく覚えている。確かに日本全体で見ればそれほど「超すごい」というものではないのかもしれないが、その「方向性」の明確さでも、単なる自己表現にとどまらず「観る人を楽しませようとする」意識の高さでも、そしてきちんと音楽にまで神経をくばっている総合力でも、この学科の中では紛れもなくトップクラスにあたる内容だった。After Effectを使えることが決して「当たり前ではなかった」時代、「うわあ、アフターエフェクトの魔術師みたいな人がいるな!」と思ったことが、まるで昨日のように思い出される。

何よりも驚くべきことは、大橋のフィルモグラフィー最初期のこの段階から既に、彼の「音楽とアニメートのラグランジュポイント」を探す旅が始まっていたことだろう。大橋は単に素質に恵まれただけでなく、不思議な言い方をすれば……とても「ラッキー」だったのだ。これは、とても重要で、幸福なことだ……作り始めた途端から、運命の恋人に出会っていたのだから。

*1:ほかに大橋と同期の卒業生では、夢眠ねむでんぱ組.inc)、薩摩浩子、告畑綾などがいる。

『I’m here』中内友紀恵【63夜目】


フルスクリーンで見よう。イヤフォンをつけている方は、出来ればスピーカーに切り替えて。ここが映画館だと思って、観て欲しい。

『祝典とコラール』制作後、東京藝大院アニメーション専攻に入学した中内の修了作品。この後制作する色々な商業作品も含めて、多彩な作風を持つ中内だけれど、本作については明確に『祝典とコラール』の延長線上にある作品となっている。

冒頭から度肝を抜く演出。光のないスクリーンに漂い始める「それら」は次第に全てを埋め尽くし、そして作品は「はじまって」ゆく。その大胆不敵な尺の使い方にしびれると、正にめくるめく、心を置いてけぼりにするほどの音楽が次々と視覚に突進をかましてくる。すべてのアニメーションは駆け出している。とにかく走り、手を伸ばし、もがき、ここで暴れようとしている。叩いて、交差して、奏でようと試みている。さあ行こう。行こう。行こう! 叫びのようなことばと想いが、焦燥感を通り越し、まるで水みたいに自由に踊り、そして音楽を奏でる。まるでほんとうの大昔から伝わるような、奇跡の音楽劇のように。上水樽力による超スケールのスコアも素晴らしい。抜群の作品だと思う。

タイトルの『I’m here』だけ、ちょっと雄弁すぎるんじゃないかな、と感じていた。そんなこと言葉にしなくたって、心にきちんと届いてくる出来だと思うんですよね。クライマックスは草の間から見上げた星空。『スバラシイセカイ』と地続きになった、北海道の空なのかな、と、自己解釈している。

『スバラシイセカイ』中内友紀恵【62夜目】

めちゃめちゃ大好きな作品。

『祝典とコラール』の中内が、ミュージシャンのAoに提供したミュージック・ビデオ。静謐なアコースティック・ギターが奏でられると、電気のついていない室内がスクリーンに浮かび上がる。壁にかかる星空の写真たち。そこを横切る、しっとりとした瞳の青年。彼は、真っ赤な灯りの現像室へと入っていく。薄緑色に光る現像液にひたすと、ネガの中のモノトーンの女性は……。

作者の中内は、北海道出身だという。ごく静かな、積もった雪をはむように歩いて進む朝や、夜を、おそらく肌で感じてきた人なのだろう。そうでないと、ここまでの「雪」の景色は描き出せないのではとすら感じる。空気が凍って風に舞い上がり、きらきらと輝く姿に、その一種の神秘に、本作は多くのインスピレーションを受けているのではないだろうか。

記憶。雪。病室。現像液の光。涙。厚いコート。精霊。そして朝日。あらゆるモチーフが地層のように積み重なって、切実な、とてもとても切実な物語を、そして大地の現象をアニメーションに見事に映し出している。何度見返しても、その度に違うカットで胸打たれるのだ。すさまじい傑作MVだと思う。

この前の、そしてこの後の中内のフィルモグラフィー的にいえば、本作はやや異色作なんだけれど……そしてそのどの作品も確かに素晴らしいんだけれど……僕の中で中内作品といえば、これなのだ。それくらい印象的で、大好きな作品。同じくAoのMVである『テレプシコーラ』のリリックビデオも中内による作品で、モチーフがいくつか共有されているんだけれど、こちらはボカロPVっぽくてまたちょっと、違う感じですね。


ああ、冬の美瑛のダイアモンドダスト、一度生で見てみたいな。