ショートアニメーション千夜千本

短編アニメーション作品を紹介してゆきます。まだ見ぬ作品に触れる機会にして頂ければ幸いです。

101-200

『そんな夜』WHOPPERS【112夜目】

今年の新千歳空港国際アニメーション映画祭で、この作品を大きなスクリーンで観られたことは大きな収穫だった。なんかすごく、映画っぽいんですよね。実際、ある種の映画へのリスペクトがとても込められている作品だと思う。全体的にユーモアが海外の、ちょ…

『mindscape』北村みなみ【111夜目】

今回、北村みなみの記事を書くにあたって、北村のVimeoアカウントを掘り下げていたら……一番下のほうにこの作品がアップされていた。おそらく、だいぶ前のものになるのだろう。再生して10秒で「あっ、学生のころの作品だな」と思って、まあいいかとブラウザバ…

『baby baby feat. minan(lyrical school)』北村みなみ【110夜目】

このサムネで「あれ?まだ見たことないかな?」って思ったキミ!今すぐ見よう!これは最高です。 とにかく絵が可愛すぎるアニメーション作家・北村みなみの2016年の作品。brinqのミュージック・ビデオだ。音楽の良さもあるけれど、ここで北村の絵がただキュ…

『恋桜』北村みなみ【109夜目】

最近の僕のイチオシ、北村みなみの作品のひとつ。昨日の『The Great Little Journey』からおよそ一年前? の作品。長尺なこともあるが、ゆったりとストーリーが進んでゆく。おそらくアシスタントなしで、北村一人で最後まで描き上げたものなのだろう。 はぁ……

『SPACE SHOWER TV ID「The Great Little Journey」』北村みなみ【108夜目】

最近の僕のイチオシ作家を紹介したい。ジャン! 北村みなみである。 ね~~~~~も〜〜〜〜〜ギャン可愛である。なにこれ!?!? かわいすぎ!!!! SPACE SHOWER TVのステーションIDとして作られた『The Great Little Journey』には、トキメキが骨髄を溶…

『星宿海』丸山薫【107夜目】

この作品を最初に見たのは、自主制作のアニメーション作家が中心になって企画していたアニメーションイベント「move on web.」の、銀座アップルストアでの上映会でだった。2005年だから、僕は高校二年生かな……この作品を鑑賞して、そのクオリティの高さに心…

『吉野の姫』丸山薫【106夜目】

丸山薫はイラストレーター・漫画家として活動する一方、2005年ごろはFLASHを用いたアニメーション制作にも本腰を入れていた。本作はFLASHアニメーション作家がユナイトしたイベント・JAWACON2005で初号公開されたほか、多数の映画祭でも上映歴を重ねた。 こ…

『海防点景』丸山薫【105夜目】

この作品をここで紹介するか迷ったんだけれど、ほんとに! こういうスタイルの作品ってあったなぁ〜みたいな気持ちになったし、最後にちょこっとアニメーションもあるから、取り上げてしまうことにした。丸山薫のFLASH作品『海防点景』は、イラストと文字、…

『十一月』丸山薫【104夜目】

秀作『二二九』の後も、丸山はFLASHでのアニメーション制作を継続した。一方で丸山は短編漫画にも優れていて、こういう感じの――短いオチのある作品を作らせると、たまらなくうまい。『十一月』は小品だが、そのバカバカしいインパクトも含めて、観る人をとて…

『ニニ九』丸山薫【103夜目】

とびっきり可愛いアニメーションを紹介したい。 日本の一般家庭に「インターネット」が登場したのは1998年ごろ。1999年には人口普及率21.4%、翌2000年には37.1%に達している。ADSL、iモード、2ちゃんねるが登場し、Google、Amazonが日本でサービスを開始させ…

『Notre chambre われわれの部屋』折笠良【102夜目】

折笠のその制作スタイルは、逆に言えば、コンペに全ての主眼を置いたものでもないし、映画館での興行を目指されたものでもない。エンターテインメントとして仕上がってはいるけれど、最初からそこを狙っているわけでもない(と僕は認識している)。つまり、…

『ことの次第』折笠良【101夜目】

「で、折笠良がすごいのは判ったけど、これってどうお金にコミットするの?」という疑問をもつ方は、少なからずいらっしゃるかもしれない。彼のストイックで孤高なスタイルは、商業の世界と一瞬縁遠いようにも思われる。そんな疑問を、折笠は今年、見事に粉…